ドラマや映画でのイメージが大きすぎて・・・

小額の利用者や返済の滞っていない利用者にはとても親切で丁寧に利用することができるというイメージですがその一方で、一度でも返済が滞ってしまった時のとりたてがとても怖いというイメージです。

玄関や窓ガラスなどに「金を返せ!」という張り紙をいたるところに貼られる。玄関を叩いたり蹴ったりしてとにかく大声をあげて叫びまくる。男性がお金を借りて返せなかった場合は、マグロ漁船に乗せられてお金を返すまでそこで何年も遠洋漁業に行かせて働かせられる。女性の場合は水商売あるいは風俗に売り飛ばされてしまって最後は病気になって死ぬ。

とにかくお金を借りて返せなかったら生きていけないほど怖い思いをする。消費者金融の後ろには大きな組織がついている。どこに逃げてもかくれても探し出されてしまう。

最後は保険金で借りたお金を返してもらうと言われて自殺を強要させられる。と言ったように、すべてドラマや映画の中のイメージがとても大きく実際にそうなるんじゃないかと思ってお金を借りることを躊躇してしまいます。最近はCMなどで有名女優さんなどが起用されていて、困ったことがあったらラグビー部の部員の人たちが助けてくれるんじゃないかと思ってしまうほど気さくな、親切な感じが多いにする。

現在では、借金の返済ができていなくて延滞中でもお金を借りれるかもしれないっていう金融もあるみたいですね。。。

参考サイト⇒延滞中でも借りれる

私からしたら、延滞しているっていうことは、返済能力がないっていうことですよね?それかただ単に自分に甘く生きているだけ。そんな人にまたお金を貸すところがあるとか怖すぎじゃないですか??なので余計に消費者金融にあまりいいイメージはないですね。

でも、考え方、使い方によっては、どうしても目的があってのお金が必要な場合、返済計画がきちんと立てれる人であればその人にとっては、消費者金融があって良かった!!ってことになると思うんですよね。

実際に消費者金融にお金を借りると言う事はないのですが以前よりはとても利用しやすい感じになったような気がします。ただ、消費者金融というネームがまだまだ怖い感じを受けるのでこの名前を何とかするべきだと思う。消費者金融=組関係?をどうしても連想させられてします。

銀行も消費者金融もさほど仕事的には変わらないのだが銀行はよくて消費者金融はあまり良くない感じをしてしまいます。

たまに目にする即日融資とは、申し込んだ当日にすぐにでもキャッシングを受ける事が可能になる制度です。一番最初に消費者金融で借り入れをする方は、必ず金融機関への申込が必要不可欠となりますので覚えておきましょう。
高金利である、などという考えに固執することなく、消費者金融を比較するのもいいかもしれません。審査の結果や金融商品によっては、思ったより低金利が実現し借り換えに移行できるケースになることもあるのでしっかりリサーチすることをお勧めします。
だいたいの大きな消費者金融系のローン会社は、契約の完了を確認した後に指定した金融機関の口座に当日すぐ振り込みができる「即日振込」のサービスとか、初めて申込みされた方には、30日間無利息で借り入れ可能なサービスなどを用意し提供しています。
弾力的な審査で対処してくれる、消費者金融系ローン会社の一覧表です。他社がダメだった方でも無理と諦めず、ひとまずお問い合わせください。異なる会社からの借入の数が何件もある人に向いています。
無利息期間が設定されているキャッシングやカードローンは増えてきていますし、現在は最大手の消費者金融系の金融業者でも、結構な長期間無利息にしてしまうところが見られるくらいで本当に目を見張るものがあります。

 

 

お金を借りる後ろめたさ

車を購入するためにマイカーローンを考えていた我が家。なかなかの値段の車だったため毎日乗っていた車を出来るだけ高くで売って少しでもローンを安く??と、思っていました。

いざ、車を購入となった日、その現場に立ち会うことができなかったた私は全てが事後報告でした。だいたいどんな車を買うのかは聞いていましたが値段や色、ローンの金額など全部任せる感じ。

主人が帰ってきたら「車は新古車で走行距離も少なくフル装備。色は一番欲しかった色ではないけれどこれほどの条件はなかなかない。決めたから。ローンは親から借りるから」と。
唖然としました。

親からお金をかりたくないという私の気持ちを無視して勝手にしかも大金を親から簡単に借りてくる神経が信じられませんでした。

しかし、借りたという事実。借りたくないけれどもう断れない。渋々義実家に電話をかけました。
「お金…スミマセン。ありがとうございます。でも本当はこんな事はしたくありません。なるべく早く返しますから」と伝えました。自分なりの必死の抵抗。

兄妹が多く、欲しいものも簡単には買ってもらえなかった私と違い、彼は何でも与えられてきた。それはもう当たり前のように。育ってきた環境が違うからそもそも感覚が違います。

義実家の反応は「いいのよ。急がなくても。これくらいはやってあげないといけないから。親の務めだ」と。え?社会人になっても苦しい時は親に無心するのオッケーなんですか?

しかも生活が苦しいとかではなく、車を買い替えたいという我慢すればいい範囲の言わば贅沢品の購入にポンとお金を出すのに理解できませんでした。

しかし、結局は甘えて借りている状況。早く返してスッキリしたいのに何かと物入りでまだ返したい金額にも届いていない支払い。どうにかして完済し、この甘えた考えを話し合い、借りずになんとかやっていこうと思っています。

向こうは何とも思っていないかもしれませんが後ろめたく借りを作った感が否めません。

まぁ、カードローンなどでお金を借りるよりかはまだ良いのかな?とも感じますけどね。
消費者金融や銀行などのカードローンでお金を借りるとなると、どうしても金利が高くついてしまいますから。

こちらを参考に・・・今すぐお金を借りる

かといって、親ならいいか!って訳でもないですが。

最近の消費者金融について

あまり間を空けずに、たくさんの金融機関に、新規でキャッシングの申込が依頼されている方については、現金確保のためにあちこちを巡っているような、疑いをもたれてしまうので、その後の審査でかなり悪い方に働いてしまいます。
不確かではないキャッシングとかローンといった気になる融資商品についての知識及び最新情報をふんだんに入手することによって、本来は感じなくていい不安な気持ちとか、不注意がもたらすいろんな問題を避けることが大切です。何も知らないということで、きっと後悔することになるでしょう。
よくある金融機関運営の情報サイトのサービスを、活用することによって、便利な即日融資による融資をしてくれる消費者金融業者のことを、いつでもどこでも探ったり探し出していただくことだって、もちろん可能です。
近頃ネットを利用していると利用者が急増中の即日キャッシングの概要がたくさん紹介されていますが、それ以上のこまごまとした仕組みについての説明を閲覧したり調べたりできるものが、ほとんどないというのが正直なところです。
確かに無利息や金利が安いといったことは、どこのカードローンで融資を申し込むのかを決めるときに、最終決定にもなる項目でありますが、我々が不安なく、お金を借りるのが一番の望みなら、なるべく大手銀行の関連会社や子会社など系列のキャッシングローン会社にしておくことを強力におすすめしたいのです。

もちろん審査は、どのような種類のキャッシングを使っていただくときでも必要であると定められていて、申込をした人に関する現況を、隠すことなく全てキャッシング業者に伝えなければならず、それらのデータなどを活用して、融資の判断を行う審査をしているわけです。
近頃はありがたいことに、複数のキャッシング会社がキャンペーンなどで、利息は一切不要の無利息期間サービスを実施しています。うまく活用すれば融資されてからの借入期間次第で、本来必要な金利というものを全く支払わなくても大丈夫と言うことです。
便利なカードローンを、しょっちゅう利用してしまうと、借りているのではなくて自分の口座を使っているだけのような事実とは違う認識になってしまうケースも結構あります。こんな人は、ほんの短期間でカードローンの利用が可能な限度の金額まで達するほど借金が膨らむことになるのです。
今では当日振込も可能な即日融資で対応が可能な、キャッシング会社がだんだんと珍しくなくなってきました。タイミングによってはカードが手元に到着するよりも早く、融資されてあなたの指定口座に入金されるというわけです。時間を作ってお店に行かなくても、インターネット経由で可能な手続きなので時間も場所も選びません。

これまでに、返済の遅れや自己破産などの問題を引き起こした方については、さらなるキャッシングの審査を通っていただくということは不可能です。このように、キャッシング希望なら過去も現在も記録が、きちんとしてなければ承認されないというわけです。
最近普及しているキャッシングは、申し込みの審査結果が出るのが比較的早くでき、当日の振り込みができる時刻までに、決められているいくつかの契約や手続きが全て終わらせることができれば、その後の手続きに進め即日キャッシングによって貸してもらうことが認められます。
申し込当日の入金もできる即日キャッシングによる対応が可能なキャッシング会社は、思っているよりも多いのです。ちなみにどこも、その日のうちの振り込みができる時刻までに、やっておくべき契約の事務作業などが全て終わらせていることが、即日キャッシングできる最低条件になっています。
新規に申込まれたキャッシングの場合、会社やお店などに電話コールがあるのは、止めることができないのです。あの行為は事前審査の一環で在籍確認といって、先に提出済みの申込書に記載した会社などに、在籍中であることを確かめなければいけないので、申込んだ方の勤め先に電話を使って確かめているというわけなのです。
これからキャッシングに利用申し込みをするまでに、なんとか短時間パート程度の何らかの仕事に就職しておくべきなのです。なお、職場で就業している期間は長ければ長いほど、審査を受ける場合にOKを引き出す要因にもなります。お金を借りたいとき自分がどこでいくら借りれるのかをどういった金融があるのかをしっかりと調べておく必要がありますね。参考にどうぞ→借りれる金融紹介

 

お金の貸し借りはトラブルだらけ

「お金を貸してほしい・・・」
そう頼まれた人もいることでしょう。

私も学生時代、「頼む、1000円だけ貸してくんない?」と言われ、貸したこともありました。
しかし、1か月を過ぎても返してもらえません。
きっと覚えているだろう・・・。そう思っていたことと、催促するのもなんかなあと思い、言いませんでした。
ただ、さすがに2か月過ぎたときは、「あれ、前の1000円って・・・」と言い、そのときは返してもらえました。

しかし、言わなかったらバックレの可能性があったのは言うまでもありません。

こういった経緯もあり、赤の他人にお金をかすのはあまりやりたくありません。

理由としては2点です。
一つは戻ってくる保証が本当にあるのか不明だからです。友人が困っているのであれば、助けてあげたいのはやまやまですが、
あくまで私と友人は他人です。そのため、返済できないといわれるとそれを誰に請求すればいいかとなります。
仮に100万友人に貸して、その友人が他界し、家族もいないとなればどうやって回収できますでしょうか。

2つめはお金の問題で今までの友人との関係性が壊れることが嫌だからです。
仮に、よほど懇願されて私が10000円を貸したとして、戻って来なかったら、
その人がいかに学生時代仲が良かったとしても、信用し続ける、好意を抱き続けることができますか?
私はできません。
それだけ、お金には信頼関係を壊す可能性があると考えます。
そのため、もし私がお金に困っても今までの友人に「金を貸して」とはいいたくありません。
もし、そうなったらなんとか他の方法で工面します。

10000円以上のやり取りで私がお金を貸す相手は親と祖母のみです。兄弟には貸しません。
つまり、本当に返してもらえるかどうかを見極めています。
信頼している家族であることと、今までメシを食わせてもらったり、学校に入れさせてもらったりしたことへの恩から、
私は貸せます。

以上、お金の貸し借りは血縁関係があり、信頼できる人間であれば私は貸します。